住民票の写しや印鑑登録証明書等はコンビニで取得できます

ページID1003491  更新日 2022年3月16日

印刷大きな文字で印刷

コンビニ交付サービスについて

マイナンバーカード(個人番号カード)に搭載した電子証明書(利用者用電子証明書)を利用して、全国のコンビニエンスストアやスーパーなどに設置されているマルチコピー機で住民票の写しや印鑑登録証明書などが取得できる交付サービスです。ひたちなか市内の店舗だけでなく、交付対応店舗であれば市外でも取得できます。市役所の窓口へ来なくても自宅や職場近くのコンビニで取得できます。また、早朝・夜間・週末や祝日など市役所が開庁していないときも利用できます。

(注釈)ひたちなか市に住民登録をされている方がこのサービスを利用できます。

早朝から夜間、土曜日・日曜日や祝日も対応。市内はもちろん、出張や旅行先の市外でも全国のコンビニでATMのようなタッチパネル操作で利用できます。

利用できる方

マイナンバーカードをお持ちの方

(注釈)利用者証明用電子証明書が搭載されたものに限ります。

マイナンバーカード表面の見本写真
マイナンバーカード表面
マイナンバーカード裏面の見本写真
マイナンバーカード裏面

マイナンバーカードの申請方法については、以下のページを参照してください。

利用できる店舗

全国のセブン-イレブンローソンファミリーマートセイコーマートミニストップ・その他一部のコンビニエンスストアやスーパー等

(注釈)マルチコピー機が設置されている店舗に限ります。

令和元年6月8日現在、コンビニ以外でマルチコピー機(キオスク端末)を設置している店舗(市内のみ掲載)
業者名 店舗
株式会社カスミ 津田店・馬渡店・笹野店・那珂湊店

利用できる時間

午前6時30分から午後11時まで

  • システムメンテナンス日(不定期)を除きます。
  • 利用できる時間帯であっても店舗の営業時間外などは利用できません。

取得できる証明書と交付手数料

取得できる証明書一覧表

住民票の写し
ひたちなか市に住民登録がある本人または同一世帯員の分および同一世帯全員の記載されたもの。
(注釈)住民票コードやマイナンバーは記載できません。
印鑑登録証明書
ひたちなか市に住民登録があり、印鑑登録をしている本人の分。
(注釈)コンビニ交付時に印鑑登録証は必要ありません。
住民税課税証明書
所得額証明書
ひたちなか市に証明年度の1月1日時点かつ取得時点で住民登録があり、所得情報のある本人の分。
(注釈)最新の証明年度のものは毎年6月1日から取得できます。

手数料・・・1通300円

証明書の取得手順

マルチコピー機の操作手順は概ね以下のようになります。(ただし、各店舗によりマルチコピー機の形状や画面、手順が異なりますので、その場合は画面の指示に従って操作してください。)

  1. メニュー画面で「行政サービス」を選択し、続けて「証明書交付サービス」を選択します。
  2. マイナンバーカードを所定の位置にセットします。
  3. 利用者証明用電子証明書の暗証番号(4桁)を入力します。
  4. マイナンバーカードを取り外します。
  5. 必要な証明書の種類や発行部数などを入力します。
  6. 印刷内容を確認し、手数料を投入します。
  7. 証明書が発行されます。証明書やつり銭など忘れずにお取りください。

(注釈)個人情報の漏えいを防ぐため、以下の点にご留意ください。

  • 印刷に数分を要する時があります。印刷中にその場を離れないようにしくてださい。
  • コンビニエンスストアの店員は操作説明や補助はしないことになっています。(ただし、紙詰まりや印刷の乱れ等、機器の不具合によるトラブルの場合は除きます。)
  • 使用したマイナンバーカードや発行した証明書の取り忘れには十分にご注意ください。

証明書の取得手順に関する詳しい情報は、以下のサイト(外部)を参照してください。

コンビニ交付でのセキュリティ対策

  • 申請から証明書の受領までのすべての手続きを、本人がマルチコピー機で行うため、店員や他の客など周りの人の目に触れず安心して証明書を取得することが出来ます。
  • 専用通信ネットワークの利用、通信内容の暗号化、証明書交付センターとマルチコピー機で証明書データを保持しないことなどにより、個人情報漏えい防止対策を実施しています。
  • 証明書交付センターにて、証明書データに共通的に偽造・改ざん防止処理を施し、マルチコピー機で印刷を行うことにより、証明書の偽造や改ざんを防ぎます。
  • マルチコピー機の画面表示や音声案内により、マイナンバーカードや証明書の取り忘れを防ぎます。

偽造・改ざん対策の詳細(けん制文字、スクランブル画像、偽造防止検出画像)につきましては、以下のサイト(外部)を参照してください。

注意事項(よくあるご質問)

住民基本台帳カードでも発行できるの?

住民基本台帳カード、通知カードや印鑑登録証など、マイナンバーカード以外のカードでは発行できません。

暗証番号ってなに?

  • コンビニ交付で使用する暗証番号は、マイナンバーカード作成時に4桁の数字で設定した「利用者証明用電子証明書」の暗証番号です。
  • 暗証番号を忘れてしまった場合は、暗証番号を再設定していただく必要があります。また暗証番号を一定回数連続(3回)で間違えるとロックがかかりますのでご注意ください。
  • 暗証番号の再設定及びロックの解除には、ご本人がマイナンバーカードを市民課窓口へ持参し手続きをする必要があります。手続きは平日のみの取扱いとなります。

手数料の返金は可能?

  • 誤って証明書を取得した場合でも、交換返金はできません。
  • 市手数料条例により手数料が免除になる場合でも、コンビニ交付では手数料がかかります。

私のマイナンバーカードで家族の住民票の写しは取得できるの?

  • 同一世帯であれば、ご家族の住民票の写しを取得することができます。
  • 住民票の写しは「本人のみ」、「世帯全員」、「世帯の一部」から選択できます。「世帯の一部」を選択すると世帯員の氏名が表示されますので、必要な方を選択してください。

証明書の種別を選択する画面で、取得したい証明書の項目が出てきません。

証明書の種別選択画面では、取得可能な証明書のみが表示されます。例えば、印鑑登録をしていない場合、印鑑登録証明書の項目は出てきません。

住民票の写しが発行できません。

  • 取得時点で本市に住民登録がないと発行できません。
  • 転出届出をすると発行できなくなります。
  • 消除された住民票の写し、改製前の住民票の写し、住所や氏名変更の履歴を記載した住民票の写しは発行できません。
  • 閲覧制限等による発行制限者の住民票の写しは発行できません。
  • 住民票コードやマイナンバーが記載された住民票の写しは発行できません。

印鑑登録証明書が発行できません。

  • 取得時点で本市に住民登録がないと発行できません。
  • 本市において印鑑登録をしてある必要があります。他市区町村で登録をし、その後本市に転入されてきた方の場合、本市で登録をする必要があります。
  • 閲覧制限等による発行制限がかかっている場合は発行できません。

所得額(課税)証明書が発行できません。

  • 取得時点で本市に住民登録がないと発行できません。
  • 過去の年度分は発行できません。
  • 本市において現年度の市県民税が課税されている必要があります。また取得時点で市県民税や所得税の申告等がない場合や、申告をした直後等である場合にも、証明書を発行できないことがあります。
  • 閲覧制限等による発行制限がかかっている場合は発行できません。

マイナンバーカードを取得したらすぐにコンビニ交付サービスを利用できますか?

マイナンバーカードを受け取った日の翌日(土曜日・日曜日・祝祭日をはさむ場合は翌開庁日)から使用できます。

マイナンバーカードをなくしてしまいました。

24時間体制のマイナンバー総合フリーダイヤル(0120-95-0178)へ連絡し、マイナンバーカードの機能を停止してください。マイナンバーカードは身分証にもなる大切なカードです。適切に管理してください。

ダウンロード

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

市民課 マイナンバー(個人番号)担当
〒312-8501 茨城県ひたちなか市東石川2丁目10番1号
代表電話:029-273-0111 内線:1176
ファクス:029-270-1060
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。